■プロフィール

チャルコ

script*KT*

Author:チャルコ
めいのおかーさん
主婦

Nさん
めいのおとーさん
会社員

めい
豆柴の女の子
2012年3月29日生まれ
名前の由来はトトロに出てくる
妹ちゃん
兵庫県西宮市在住

友人Oくん
20代女性
自称めいのおばーちゃん



*当ブログはリンクフリーです。
*当ブログ内の画像の無断転載は固くお断りさせていただきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■遊びにきてくれた人数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
甲状腺機能低下症 その2
※前回の 甲状腺機能低下症 その1 から内容が続いています。



驚いたことに、2週間ホルモン剤を飲んだところ・・・・・・

右目の下のおハゲが良くなりました!


いやぁビックリぃ~!短期間でこの効果ぁ~♪

って、なんか増毛剤の宣伝みたいですけどマジなんですよ!
素直に嬉しい(((o(*゚▽゚*)o)))

相変わらず毛量は全体的に薄いものの、治療前よりは増えているような??

めいの担当獣医さんも、このわかりやすい結果に喜んでくださいました♪


めい


引き続きホルモン剤の服薬を続けるのと、漢方薬の方も甲状腺に対して働く漢方をベースに調合し直したものを処方してもらいましたよ(^O^)


漢方(顆粒)なんて飲むのは嫌がりそうなものですが、


ちょいペロ


めいはご飯と一緒だとアッサリ飲んでくれるので助かってます♪

(※ごはん前のマテ中は高確率でちょいペロなさるめいさんの図w)


甲状腺の機能が低下するということは、簡単に説明するといろんな免疫も下がってる状態とのこと。


疲れやすくなったり、皮膚が乾きやすくてトラブルが起きたり。
食欲不振、便秘、不妊症、他にも落ち込みやすくなったりなんていう気分の乱高下もあるみたいです(>_<)

食欲不振や便秘などはまっっっったく当てはまりませんが(笑)、皮膚トラブルは長年の悩みだし、他にもいろいろと症状が当てはまるカンジ。


特にからだを温める機能が低下するので、寒気をひどく感じるそう。


今後、寒い日は洋服を着せる、就寝時は毛布をかけたり、ペット用のヒーターを利用するなどの指導も受けました。

気をつけてあげなきゃです(`・ω・´)キリッ




そして点耳薬による耳の治療は、相変わらず継続中なのですが・・・


点耳薬


獣医さん曰く

『甲状腺機能を回復させることによって免疫力が上がって(正常になって)、全部アレルギーのせい?と思っていたいろんな症状が良くなる可能性もあるかも??』


とのことなので、

ちょっと・・・・・・・・・・・・・いや、かなり


もみこみ


期待してます!(笑) 

頑張れ甲状腺!(←なんか違う)


まあ期待しすぎてもアレなんで、ほどほどに。。(ノ∀`)フヘヘw



ばぁ


新たな病気発覚と、一生ホルモン剤が必要かも・・・ってことなので、
甲状腺機能低下症と聞いたときはちょっとションボリだったのですが。

そんなこんなで(強引なまとめw)前向きに付き合っていこうと思います(*´∀`*)♪



スポンサーサイト
病院・病気など | 10:00:00 | トラックバック(0)
甲状腺機能低下症 その1
お久しぶりにブログ書きます。

久々過ぎてFC2にログインするパスワードすら微妙に忘れてました(´∀`)w


めい

めいさんの病気に関しての記録です。


そもそも、めいはアレルギー持ちで2015年春頃からずっと漢方薬の投薬治療をしてもらっていました。



☆漢方薬は常時2~4種類、めいの状態と季節気温などに合わせて先生が調合してくださってます。


お薬
漢方薬と点耳薬2種類


日本犬ということで(?)

漢方による東洋医学が相性良かったのか、漢方を飲み始める前まではしょっちゅう起きていた外耳炎を発症することもなく、痒みなどもだいぶ軽減されているようでステロイドに頼ることもなく夏も乗り切り、症状が安定していたように思えたのですが・・・



11月を過ぎたあたりで、


腹。


いくら今年が暖冬っていっても 『冬毛が全然生えてなくね?』

と、全体的な毛量の低下に不安を覚え
(腹毛も薄すぎて、うっすら地肌のピンクが見えている状態)


更に


目の下


ちょっと写真じゃわかりづらいのですが、右目の下の毛がハゲてきて

いわゆる『涙ヤケ』みたいになっていました。(目やになどは出てないので明らか妙なハゲ方)


耳の中側の皮膚が青黒く黒ずんだりもして、
他にもいくつかポツポツと首を捻るような症状が現れたので、獣医さんに相談してみました。


診てくださった獣医さんも首を捻っていて、『なにが原因かなあ??』と困惑気味。

『可能性は低いけど、甲状腺ホルモンの異常かもしれないので、念のため検査してみますか?』と言われたのでもちろんお願いしました。


※この『可能性は低い』っていうのは、甲状腺機能の低下っていうのはだいたい中年以降のワンさんに出る症状だからで、まだ3歳のめいには当てはまらないとお考えだったそうです。

その他、食欲不振や便秘などの該当症状もなかったので半信半疑とのことでした(´-ω-`)


で、血液検査の結果がコチラ↓↓


結果


甲状腺ホルモン量の検査なのですが、

基準値が4.8~10.5なのに、めいは0.5以下。

最低限0.5以上ないと数値が正確に出せないそうです。
0ってことはないそうですが……

最低限検知できる数値すらないなんてちょっとショック(´;ω;`)


ってことで、めいが甲状腺機能低下症なのは間違いないみたいです。


まーいっか


まあでも、わからないまま過ごすよりは現状を把握できてよかったです!

結果が出てすぐから、甲状腺ホルモンを服薬することになりました。


色々と調べたりもしたのですが、甲状腺ホルモンが少ない体質の場合は一生ホルモン剤飲むケースが多いみたいです。
一時的なものなのか一生モノかはまだハッキリわからなくて、ホルモン剤を飲みながらしばらく月一で検査をして、投薬量を決めていくとのこと。


※2015年11月25日より、ホルモン剤の投与開始。


つづく♪


2週間飲んだ結果…………は、その2に続きます♪



病院・病気など | 17:18:03 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。